葛飾区には公営斎場がありません。

葛飾区には公営斎場がないため、価格を抑えた葬儀を行うためには、お通夜〜告別式〜火葬まで行える、四ツ木斎場のご利用をお勧めしております。

アスカセレモニーの葬儀のこだわり

「格安」「安心」のご葬儀を実現するための3つのこだわり

対応可能斎場

自社ホールを持ちません

  • 安価で無駄な移動が発生しない火葬場併設の式場をお勧めしております。
  • 多額の投資を行いませんので、安い葬儀費用を実現しています。
アスカセレモニー

本社にお金をかけません

  • 本社の経費を少なくし、格安の葬儀を実現しています。
  • その他の無駄な経費も徹底的に削減し、業界最安値を目指します。
アスカセレモニーのスタッフ

従業員は、地元から採用しています

  • 葛飾区の地元愛が強く、地元をよく知っているので、安心して任せられます。

よくあるご質問

葛飾区では葬儀費用の助成はありますか?
被保険者の方が亡くなられたとき、葬儀(告別式)を行い葬儀費用を支払った方に葬祭費として7万円を支給します。ただし、交通事故、傷害事件などの第三者行為や公害病等により亡くなられた場合は、原則として支給されません。
葛飾区に家族葬ができる斎場はありますか?
四ツ木斎場(葛飾区)等で家族葬を行うことが可能です。
葬儀の日時と場所はどの様にして決めるのですか?
日時は、火葬場の状況、お寺様の都合、日柄(仏滅,友引)、葬儀式場の状況、ご遺族の希望を考慮し お決めする事になります。葬儀式場は、ご遺族のご希望に副ってお決め致します。
お寺様へのお布施はいくら位つつめば良いですか?
お越しになるお寺様によりお布施の金額に違いがございます。
我々でのご紹介の場合は、一律料金でご案内ができますのでお気兼ねなくご相談くださいませ。

お勧めする火葬式プラン

家族葬について

  • 家族葬とは
    家族葬とは、故人が勤めていた会社関係、故人が属していた団体の方々、地域の自治会の方々、場合によっては故人の友人などもお呼びせずに、家族や身近な親族などだけで執り行われる葬儀の形です。
  • 家族葬では
    家族葬では、家族の方々が故人をしのび、感謝の気持ちを表すためにいとなまれることが大切です。
  • 家族葬の注意点
    安く済ませたいという思いから家族葬を選択する場合もあるようです。しかし家族葬は葬儀の内容による金額の問題ではなく、葬儀の規模の違いによります。家族葬なのに、訃報をたくさんの方々にされて会葬者の人数が増えれば、結果費用が多くかかってしまうことになります。よって、家族葬については、そのイメージを葬儀社と正しくすり合わせておく必要があります。

お勧めする家族葬プラン

葛飾区について

  • 葛飾区の概要
    葛飾区は東京23区の北東端に位置し、東は江戸川を境に千葉県(松戸市・市川市)、西は、足立区、南は江戸川区・墨田区、北は大場川を境に埼玉県(八潮市・三郷市)と接しています。
    総面積は、34.84 ㎢であり、23区の中では、7番目の広さを有し、旧利根川の河口にできた沖積層の低地で、平坦な地域です。荒川、江戸川、大場川が区の境をなしているほか、中川、新中川、綾瀬川が区内を流れており、比較的身近な場所に水辺が多く存在しています。
  • 葛飾区の地域特性
    昔ながらの人情味溢れた地域性があり、いわゆる川の手・人情という表現があてはまる人と人の結びつきが強い地域です。葛飾区を舞台として全国に発信されている「こち亀の両さん」や「柴又の寅さん」も物語のベースは下町人情であり、人と人の結びつきが強く描かれています。
  • 葛飾区の地名
    現在の葛飾区に人が定住するようになったのは、古墳時代前期からといわれています。「葛飾」という地名は、「万葉集」にも出てくる古い地名で、葛飾区が誕生したのは、1932(昭和7)年です。「かつしか」という名前になったのは、「かつ」は、崖や台地など、「しか」は低い土地という意味があり、台地と低地が多い土地の様子からつけられたとする説や「かずら」が生い茂っていたことからつけられたとする説、「狩場の方」だったことからつけられたとする説などがあります。

葛飾区の葬祭費支給制度

被保険者の方が亡くなられたとき、葬儀(告別式)を行い葬儀費用を支払った方に7万円が支給されます。

葛飾区役所 国保年金課 給付係
〒124-8555
葛飾区立石5-13-1 
葛飾区役所3階 315番窓口

葛飾区ホームページ 葬祭費支給のページへ >